デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみの悩み 原因と解消法は

デリケートゾーン

体の部位の中で脇以外に黒ずみやすい箇所がデリケートゾーン。
意外に多くの女性がデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるようです。

 

しかも、場所が下半身のデリケートゾーンなので、なかなか人に相談できずに一人で悩み続けている女性も少なくありません。

 

デリケートゾーンが黒ずんでいると、彼氏に見られないか気になりますし、何より自分自身の体に自信を持つことができなくなります。

 

なぜデリケートゾーンは黒ずむのか?どうすればケアできるのか?
そんなデリケートゾーンの黒ずみケアや原因について説明します。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは

 

お肌の黒ずみの根本的な原因は、メラニンが色素沈着する為です。
メラニンとは、シミやくすみができる成分と同じもの。
後ほど述べます様々な要因からメラニンが発生して、肌を黒くさせていきます。

 

メラニン自体は、人体に悪影響を及ぼすものではなく、逆に肌を守るために皮膚を厚くする働きがあります。
しかし、このメラニンが生成されることによって皮膚が黒ずむ原因となるのです。

 

メラニンが発生する状況

なぜ黒ずみができるメラニンが発生するのでしょうか?
実は、それは日常生活において身近なことが原因だったのです。

 

主にその原因となるのが下着や入浴時の洗い、脱毛などが挙げられます。
ご自身の生活で下記の行動に心当たりがあるなら、注意して意識ましょう。

 

下着などによる摩擦や締め付け

デリケートゾーンは、下着の締め付けや摩擦によって皮膚が刺激されます。
皮膚が刺激されることによって、肌を保護しようとメラニンが発生して黒ずみます。

 

特に、サイズが合わない窮屈な下着などは特に注意が必要です。
下着や衣類の摩擦・締め付けを避ける為に、サイズの合うものを選びましょう。

 

お風呂場でのケア

デリケートゾーン周辺を清潔にしようと、お風呂場でゴシゴシと洗っていませんか?
肌はそういった洗いによっても刺激を受けます。特にナイロン製のタオルなどは特に肌を傷つけやすいです。

 

さらに、肌に合わないボディーソープや刺激の強い石鹸などを使うと肌が荒れたり乾燥してメラニンが発生します。
お風呂での体洗いは特に注意ましょう。

 

VIO脱毛による黒ずみ

デリケートゾーン周辺の脱毛はVIO脱毛と呼ばれることはご存知かと思います。
Vライン、Iライン、Oラインのことで、その周辺はムダ毛が生えてきます。

 

それらVIO周辺、つまりデリケートゾーン周辺の脱毛をする為にカミソリや脱毛クリームを使うことで肌がダメージを受けて黒ずみます。デリケートゾーンの脱毛はできる限り、自分で行うのではなく脱毛サロンやクリニックで行うことをオススメします。

 

デリケートゾーンは刺激を受けやすい

デリケートゾーンは非常に刺激を受けやすい部位であることがわかっていただけたかと思います。
非常に繊細な箇所にもかかわらず、多くの刺激があるのがデリケートゾーンなのです。
脇だけでなくデリケートゾーンは黒ずみができやすいのはその為なのです。

 

 

デリケートゾーン黒ずみケアをして解消

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消のためには、上記で述べた黒ずみの原因となる行為は避けましょう。

 

サイズに合った下着の着用、衣類の刺激を与えない。
デリケートゾーン周辺を洗う時は、よく泡立てた泡で丁寧に洗うこと。
また、刺激を減らす為にも肌に優しいボディーソープや石鹸を選びましょう。

 

デリケートゾーン黒ずみケアには、しっかりと保湿することが重要。
メラニン色素が発生する状況というのは、肌がダメージを受けて乾燥している状態です。
それは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを鈍らせて新しい肌を作りにくくします。

 

肌に保湿成分を与えることで、健康な肌を取り戻してターンオーバーを促進して新しい肌を作り上げること。
これが結果的に肌の黒ずみを剥がしていき、美白を手に入れることができるのです。

 

今ではデリケートゾーン黒ずみケアに効果的な石鹸なども販売されているので、
そういった専門的なスキンケアを利用することもお勧めです。
デリケートゾーン専用のスキンケアを使って、一刻も早く黒ずみを解消させましょう。