脇 黒ずみ 原因

脇の黒ずみの原因は?徹底的に解明

原因

いつの間にかできていた脇の黒ずみその原因は一体なんでしょうか。
脇の黒ずみの根本的な原因となるのがメラニン色素の沈着です。
俗にいう肌の色素沈着というものです。

 

そもそもなぜ、脇の下にメラニン色素が沈着するのでしょうか。
それは、脇の無駄毛の処理に問題があります。
メラニン色素が沈着する原因として考えられるポイントがいくつかあります。

 

脇の毛の自己処理

女性にとって脇のムダ毛の処理というのは必ず行うもの。
しかし、自分でカミソリで添ったり、抜いたりすることによって
脇の肌・皮膚を痛めることになります。
肌が刺激されることによって、皮膚がダメージから守ろうして角質が厚くなるのです。
角質が厚くなることで、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れてメラニンが蓄積されるというわけです。
脇の黒ずみの多くの原因は、この脇毛の自己処理によるところが大半を締めます。

 

日常の衣類や下着の摩擦や蒸れ

衣服や下着が脇に擦れてしまうことで脇の肌がダメージを受けます。
自己処理と同じく、知らない間に角質が厚くなりメラニン色素が沈着してしまうのです。
また、夏場でも冬でも衣服を着ているとどうしても脇が蒸れてしまいます。
そういった状態が頻繁に続くことで雑菌が繁殖して不衛生なワキになります。
雑菌が繁殖することで脇の皮膚がダメージを受けて黒ずみの原因となるのです。
脇の下は常に清潔にすることを心がけましょう。

 

脇の臭いや汗を抑える制汗剤

脇の汗や臭いに制汗剤を使用している女性も多いと思います。
しかし、この制汗剤の成分が複合体の重金属の成分ですので、肌にダメージを与えます。
脇の臭いや汗が気になるとは思いますが、頻繁に使用することで黒ずみの原因となりますので
使用回数や量に注意が必要になってきます。

 

紫外線による肌への刺激

紫外線もまた肌への負担となります。
紫外線の肌に与える悪影響はよく言われていますが、脇にも同様です。
腕を上げないと脇に紫外線が受けることはないですが、
夏場の海や、日焼けサロンなどを利用することで脇にメラニン色素が沈着してしまいます。
できるだけ陽にあたらないようにしてください。

 

生理前や妊娠中、ストレスなど

生理前や妊娠中には、ホルモンバランスが崩れますので
新陳代謝が正常に行なわれずに黒ずみの原因となることもあります。
出産前は、白い脇だったのに出産後に見ると脇が黒ずんでいたという女性も多いです。
出産後のケアとしては、美白クリームやジェルを使って解消してく必要があります。
また、日々のストレスの蓄積などでホルモンバランスを崩れやすいので、それが原因になる場合もあります。

 

 

脇の黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着。
その原因を作り出す多くの根本的な要因は、肌への刺激であったり、ホルモンバランスなど様々。
しかし、一番大きな要因は脇の肌に刺激を与えてしまうことです。

 

特にカミソリや毛抜きなどの自己処理で脇を痛めている女性が大半ですので、
自己処理はなるべく避けてエステなどで処理することが好ましいですね。

 

もう既に脇が黒ずんでいるという女性は、美白用ジェルやクリームなど使って
肌のターンオーバーを活発にして、肌に美白成分など栄養を与えることが重要です。
どんなスキンケアがいいのかお悩みならば、こちらの記事「脇の黒ずみを消す解消法」を御覧ください。