顔 くすみ 解消

くすみと縁を切るための3ステップ

肌のくすみは、百害あって一利なし。
年齢よりも若く見られることは、まずありえません。
どんなに優れたファンデーションカラーを選択しても、それが生かされることはありません。
極めつけは、不健康で疲れた気の毒な人というレッテルを張られてしまうかも!
そんなことがないように、肌のくすみとは早めに縁を切るのが最良です。

 

洗顔の方法

洗顔

まず、洗顔のポイントから。
くすみは単純な肌の汚れとは異なります。
だから、ツルツルピカピカを目指して、むやみに洗顔を繰り返すのは無意味なのです。
「適度」を心掛けるように、意識しましょう。

 

例えば、日中はメイクが欠かせないために、夜の洗顔にはクレンジングと洗顔が欠かせません。
ここは今まで通り、念入りに行いましょう。もちろん、その後のケアも大切です。

 

そして、次の日の朝。
これまで通りの洗顔フォームは使わずに、ぬるま湯&冷水洗顔に切り替えましょう。
夜、しっかりと汚れをオフした肌は、就寝中に酷く汚れることはありません。皮脂が気になる程度でしょう。

 

その皮脂だけをぬるま湯で洗い流し、冷水で肌を引き締めれば充分なのです。
ここで落としすぎるという愚行が、肌に危機感を募らせ、分泌物の増加などでバランスが崩れてしまうのです。
きっちりと汚れを落とすのは、夜だけと心得ましょう。

 

 

月1回のピーリング

次に、月に1度のピーリングをオススメします。
ポロポロと古い角質が落ちるのが快感で、必要以上に行っていませんか?
これは肌のサイクルを壊してしまう悪癖以外の何物でもありません。

 

肌は28日周期で再生されるのが一般的。
そのサイクルを正常化するサポートは積極的に行うべきですが、頻度が上がればサイクルは乱れます。
どんなに優しいピーリング剤でも、同じと考えましょう。

 

首筋マッサージ

そして、毎日の首すじマッサージを欠かさないようにしましょう。
くすみが目立つ一因として、元々の顔色の悪さが指摘されています。

 

これは、血の巡りの悪さが原因。
この原因を改善することで、顔色が甦り、くすみなんて気にならない程の生き生きとした表情が実現します。

 

首筋は耳の下辺りのことで、この部分を重点的に親指以外を利用してマッサージしてください。
ゆっくりと円を描くように、何度も繰り返します。その部分が温まってきたらOKです。
時間に余裕がある時には、頭やデコルテ部分も行うとより効果的です。

 

 

この3ステップでくすみを撃退できます。
大切なのは、継続すること。
一度、くすみと縁が切れたなら、これらを継続している限りくすみとは無縁になれるのです。