脇 黒い ブツブツ

脇に黒いブツブツができた!その原因と対処法とは

脇の黒いブツブツ

脇が黒くなる、黒ずむ、には2つのパターンがあります。
まずは、くすみのように脇が全体的に黒ずむ状態。
そして、ブツブツと毛穴の汚れのように黒くなる状態。

 

くすみのような脇の黒ずみはこちらの記事を参考に脇の黒ずみを消す解消法

 

なかなか消えない黒いブツブツがなぜできるのか?
これは解消することができるのか、気になりますようね。

 

今回は、脇に黒いブツブツができる原因と対処法について解説します。

 

脇の下に黒いブツブツができる原因

 

毛穴の汚れ

 

脇の下に黒いブツブツができる一番の原因といえば、毛穴の汚れ。
これは、脇の毛穴に皮脂や汚れが詰まってできるブツブツ。

 

毛穴は、皮脂や角質が詰まりやく黒ずみやニキビの原因となります。
これらの老廃物が溜まるのは、皮膚の新陳代謝が正常に行われていないため。

 

身体を洗う際に、毛穴の汚れを取り除き、肌を保湿する必要があります。

 

毛抜きやカミソリ

 

脇のムダ毛を処理する際に、毛抜きやカミソリを使用するとブツブツができやすくなります。
カミソリは毛抜きは、皮膚や毛穴を痛めてしますので、炎症ができて毛包炎ができてしまったり
埋没毛になり、ブツブツができてしまうのです。

 

脇の脱毛は、専門の脱毛サロンや美容クリニックで処理することが一番無難。
またそういった専門サロンやクリニックでは、黒ずみ対策も同時に行っている所も多いので助かります。

 

 

脇の下の黒いブツブツ対処法

 

脇の下の黒いブツブツを対処するには、
毛穴の汚れを取り除き、保湿することが基本になります。

 

入浴の際、よく石鹸やボディーソープを泡立てて優しく洗い、毛穴に詰まった汚れを取り除きましょう。
この時、汚れを落とそうとゴシゴシ洗うことは避けて下さい。

 

ゴシゴシ洗うと、逆に脇の肌を刺激して、黒ずみの原因となります。
毛穴の汚れは、泡の力だけで落とせますので優しく洗うことを心がけましょう。

 

また、脇を洗った後は、しっかりと保湿ジェルやクリームで脇の肌を潤わすことを忘れずに。
肌を保湿すると、皮膚が新陳代謝されて新しい肌に生まれ変わります。

 

新陳代謝することにより、毛穴に詰まった皮脂や角質などの老廃物が排出されるので、保湿することは忘れないで下さい。

 

また、毛抜きやカミソリで脱毛されている方は、直ちに脱毛サロンや美容クリニックなどの専門店で脇の脱毛をすることをおすすめします。

 

最近では、非常に低価格で脱毛することが可能です。
自己処理で肌を痛めるよりも、専門家に任せることが賢明です。

 

そういった専門サロンなどに通う暇がない方や、出来る限り安く済ませたいならば、肌を痛めない除毛クリームなども検討しましょう。

 

脇の黒いブツブツは、女性にとって非常に気になる悩み。
日常のケアで改善に導くことは可能ですので、キレイな脇を目指しましょう。