30代 40代 黒ずみ

30代40代になるとなぜ黒ずみが治らないか?その原因は?

黒ずみ対策

若いころの肌は、肌荒れやニキビがあってもすぐに治るケースが多いです。
また、紫外線を浴びて日焼けしても、もとの肌色に戻る期間は短いです。

 

脇や体の黒ずみに関しても同様で、市販で販売されている黒ずみケアのスキンケアなどですぐに黒ずみは改善に進んでいきます。

 

しかし、30代40代ともなると肌が元に戻る期間が長くなります。
若かった時は、すぐに肌がキレイになったのに、なぜ20代後半や30代40代になってから、肌の蘇生がすぐに行われないのでしょうか。

 

それは、肌のターンオーバーとよばれる新陳代謝が関係していきます。
10代20代前半は、古い肌から古い肌に生まれ変わるターンオーバーが活発に行われます。
しかし、30代40代になってくると、肌のターンオーバーの働きが鈍ってくるのです。

 

黒ずみだけでなく、シミ、シワ、くすみなどが年齢を増すとできやすいのはそのターンオーバーの働きが悪くなる為です。20代はキレイな肌質でスキンケアしなくても大丈夫だったから30代40代も大丈夫。と思っていると痛い目にあいます。

 

どんなに肌がキレイな女性であっても年齢を増すごとに衰えていく事からは逃げられないのです。

 

 

30代40代の女性が若い肌を取り戻す秘訣

 

スキンケア

では、20後半、30歳を越えてからはキレイな肌を諦めるしかないのでしょうか?黒ずみや肌荒れ、くすみの改善を諦めるのはまだ早いです。

 

年齢を増してターンオーバーの働きが悪くなると伝えましたが、それをカバーするのがスキンケアになるのです。
何もしないで10代20代のきめ細かく白い肌をキープすることは困難。しかし、それを打破する方法として、30代40代はスキンケアがあるのです。

 

若かった頃は、美容にお金をかけていなかったという女性が大半です。その認識で30代40代を迎えようとするから、肌の衰えを負けてしまうのです。

 

年齢による肌の衰えを防ぐには、若い頃にお金や時間をかけなかった美容品に注目すること。いまでは、黒ずみを改善するスキンケアや、シミやシワを改善に導く美容液、化粧水や乳液、美容液などあらゆる品が販売されています。

 

これらの美容品を20代中盤から使って、毎日マメにお手入れしていると30代40代の肌もそこまで衰えることはありません。

 

お金だけでなく、今では美容を保つ様々な情報がインターネットで知ることができます。
そういった美容に関しての意識を高めて、日々スキンケアを行うことで、気になる脇の黒ずみや、顔のくすみ、シミ、シワなどを極力抑えることができるのです。

 

今まで美容に関して、お金も時間もかけてこなかったというならば、美容に関しての意識を高めて日々のスキンケアをがんばりましょう。