ターンオーバー 食事

栄養ある食事でターンオーバーを促し黒ずみ解消

食品

わきの黒ずみは、ターンオーバーが乱れてメラニン色素が蓄積することが原因。
つまりターンオーバーを正常に働かせることが黒ずみ改善の一歩となります。

 

食べ物でターンオーバー、つまり皮膚の生まれ変わり、新陳代謝を活発にさせましょう。
では、ターンオーバーを促すような栄養ある食事とは一体どのようなものがあるのか。

 

タンパク質

タンパク質が不足すると肌のターンオーバーを乱すほど重要です。
ダイエットなどでタンパク質を控える女性もいますが、肌にとっては悪影響ですのでしっかり摂取しましょう。
肌、血、筋肉、髪など体をつくる栄養には欠かせません。
納豆やお豆腐など大豆製品、牛肉豚肉などの肉類、焼き魚など魚類など中心に含まれます。

 

ビタミンA

ビタミンAは皮膚の働きを正常にして粘膜に潤いを保ち、古い角質などを解消します。
レバー、ほうれん草・かぼちゃ・人参など緑黄色野菜、卵黄、牛肉など

 

ビタミンB群(B2、B6など)

肌のターンオーバーを正常に保つ重要な栄養素。
肌とビタミンB2とB6との関係は密接で、肌荒れやニキビの治療に効果があります。
肌トラブルで悩んでいるならば、特にビタミンB類は必須になります。
卵、牛乳、納豆、レバー、うなぎ、にんにく、イワシ、まぐろ、きのこ類、豚肉などに多く含まれています。

 

ビタミンC

コラーゲン生成を促進。皮膚、粘膜を強くする働きがあります。
また抗酸化作用で肌荒れを予防する効果なども。
キウイやイチゴ、パパイヤなどの果物、小松菜など緑黄色野菜、うなぎなどに多く含まれています。

 

ビタミンE

肌の血行をよくして新陳代謝を活発にする働きがあります。
ホルモンの生成の役割もありターンオーバーもアップします。
ウナギ、イワシなどの魚介類、アボガド、ほうれん草など緑黄色野菜、アーモンドなどのナッツ類にも。

 

亜鉛などのミネラル

亜鉛不足だと湿疹や皮膚炎になりやすいといわれてます。乾燥肌にもなりやすくターンオーバーが乱れます。
亜鉛などのミネラルを摂取することで肌の新陳代謝を促して、ターンオーバーを活性化させる働きがあります。
チーズや牛乳などの乳製品や、牡蠣や海藻類、レバーや牛肉に多く含まれます。

 

 

関連する記事:わき黒ずみ豆乳ローションの効果は?