脇 洗い方

黒ずみを作らない脇の洗い方

泡

脇の皮膚は非常にデリケートですので、スキンケアなど日々のお手入れはもちろん入浴中の脇の洗い方にも注意する必要があります。

 

脇は、汗をかきやすく雑菌が繁殖して臭いの原因にもなります。
そういった事を予防しようとお風呂でゴシゴシと脇を洗っていませんか?
それは、脇の洗い方として間違っています。

 

脇は非常にデリケートなので、ナイロン製のタオルなどでゴシゴシと力強く洗うことで脇の皮膚が刺激を受けて傷ついてしまうのです。

 

黒ずみの原因は、皮膚への刺激が一番の要因ですので、その洗い方ひとつとっても意識する必要があるのです。

 

脇の洗い方

 

肌の汚れを落とそうと、ゴシゴシと肌を洗う方がいますがそれはただ皮膚を傷つけいるだけに過ぎません。
実は、力強く肌を洗わなくても、泡の力で十分に汚れや皮脂を取り除けるのです。

 

何で体を洗えばいいの?

 

まずは、肌を刺激しない優しい素材のタオルなどを使って下さい。
ナイロン系などは皮膚を傷つけるので使用しないことが大切。
逆にタオルなどを使わずに、手で泡立てると肌を傷つけないのでお勧めです。

 

石鹸やボディーソープを泡立てる

 

そして、脇や体を洗う前に、ボディーソープや石鹸を十分に泡立てて下さい。
この泡立てることが、お風呂で体や顔を洗うことでとても重要なことなのです。

 

皮膚の汚れや雑菌、皮脂などは、泡の力だけで落とせるのです。
ですので、力を込めて洗っても皮膚を傷つけるだけでマイナス効果になります。

 

よく泡立てた石鹸やボディーソープを、肌を優しくマッサージするように洗いましょう。
しっかりと泡だっていれれば、その泡が毛穴まで行き届いて汚れを落としてくれます。
特に脇は、皮膚が繊細ですのでほとんど泡の力だけで洗うことをお勧めします。

 

そして洗い終われば、ぬるま湯などでしっかりと泡がなように洗い流しましょう。
石鹸の洗い残しなどがあれば、肌荒れやニキビの原因にもなるので流し忘れのないように。

 

保湿も忘れずに

 

入浴後は、しっかりと肌の保湿を心がけて下さい。
顔や全身、そして脇など乾燥しやすいすべての箇所に
化粧水や乳液、ボディーローションなどを使用して乾燥を防ぎます。

 

脇の洗い方のポイントは2点、ゴシゴシ洗わないで泡の力で洗う入浴後は保湿を必ず行う
この2点を守るように心がけて下さい。
入浴後の保湿で使うスキンケアについては、こちらの記事「脇の黒ずみを消す解消法!」をご覧下さい。

 

脇の皮膚が刺激を受けて傷ついたり乾燥すると、黒ずみの原因となります。
決して、皮膚を刺激するような力強く洗うことは避けて、しっかりとスキンケアをしましょう。