ワキガ 対策

ワキガの原因と対策方法

ワキガ体質の人にはアポクリン汗腺という特殊な汗腺があります。
汗腺にはエクリン汗腺という汗腺とアポクリン汗腺があり、体温調節のために汗を分泌しているのがエクリン汗腺です。
エクリン汗腺は誰もが持っているもので、分泌される汗の99%が水です。

 

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は一部の人にしかありません。日本人だと10%ほどの人にあり、欧米人だと80%の人にあります。日本人が体臭が少ない民族だと言われるのは入浴習慣や食生活の他に、アポクリン汗腺を持っている人が少ないためでもあるのです。

 

アポクリン汗腺からはアンモニアや鉄分など様々な成分を含んだ汗が分泌され、それに雑菌が繁殖することで特有のワキガ臭がでてきます。

 

アポクリン汗腺は体中にあるわけではなく脇の下や耳の穴、性器周辺などに存在します。アポクリン汗腺から分泌される汗は暑い時に分泌されるわけではなく、緊張した時により多く分泌されます。

 

暑い時に臭いが強くなるのはエクリン汗腺からも汗が出るためと気温が高いために雑菌がより繁殖しやすくなるから。
ワキガの臭い対策としてはアポクリン汗腺から出る汗を抑えるか、もしくは殺菌をして雑菌が繁殖しないようにする必要があります。

 

また、エクリン汗腺から出る汗を抑えると臭いを軽減させる事ができます。
汗そのものを出ないようにするためにはボトックス注射をしたり、美容外科などで汗腺を破壊したり除去する事が必要です。

 

経度のワキガの場合には、汗をよく拭いたり殺菌するだけでも臭いをかなり軽減できます。
殺菌成分を含んだ制汗剤をつけたり、よく洗って清潔に保つ事も大切。
しかし、脇の洗いすぎや制汗剤の使いすぎは、脇の黒ずみの原因にもなるので注意しましょう。
脇の黒ずみでお悩みならコチラ

 

脇の場合には毛が生えていると雑菌のすみかになるので、脇毛をきちんと処理しておく事も効果があります。
また動物性脂肪や糖分、お酒やタバコなどは体臭を強める働きをします。

 

バランスの良い食生活でミネラルを多く含んだ野菜や海草を多く摂るようにすると余り臭わないようになります。
ワキガはすぐに治すことは難しいですが、臭いの度合いを考えて適切なケアをすることが大切です。